2016年10月9日日曜日

正方形のそれは大きいショルダーバッグ②








これは革を薄くする為の機械
【革漉き機/かわすきき】です

今、刃を研いでいます



制作をしていれば毎日使う機械

製品に使うパーツを裁断したら、
革の重なる部分をこれで漉きます

たくさんの革パーツを漉いて
漉きにくいな、
漉いた感じがなんか粗いな、
と感じたら研ぎます










この左側にある長いパーツは 鞄のショルダーになります

ショルダーにも肩掛けにもできるよう
革を長めに取ってあります












真鍮に炭のような加工を施したバックルを使って
ショルダーの調節ができるようにします










赤い縫いは、長めのショルダーがバタバタしないよう
に取り付けた革のループです










ここにはキャメル色のCHOCKタグが隠れております

どうなるかわかりますか??










内縫いしたらひっくり返します



厚い革であればあるほど、
小さいものであればあるほど、
内縫いのひっくり返しは大変になってきます










鞄の外側、底に近いところに
タグの顔を出させました










完成です


本体の左右に取り付けてあるショルダーに吊られて
正方形ではなくなってしまいますが、この流曲線が
美しいと感じます

柔らかい革は体の曲線に馴染みます












開閉部の大きめなファスナーには
それにも負けないしっかりとした厚みの
革引き手をつけております


厚い革は 使うごとにしなやかさを帯びていき
それがまたいいのです










底は13センチほどあるので、たくさんの書類も
お弁当箱も収まるはずですが、この持ち主になる友は
『スマホと鍵とあとほんの少しだけしか入れない』
と言ってました








仕上がった鞄を手渡した時の顔が
とても愛らしかったのを覚えております


革のハンドメイド
CHOCK/チョック










2016年10月1日土曜日

正方形のそれは大きいショルダーバッグ①


使い初めてから結構経つのですが
フルオーダーの鞄を作らせてもらいました



45×45ほどの大きいショルダーバッグです









この大きさの革鞄、どうしたことか街では
なかなかお見かけしません

ご依頼いただいた方もそう感じおられたようで
CHOCKに相談を持ちかけてくださいました




さあ、制作していきます











このポケット、写真の通り 外側はファスナーで
開閉します


ただ一つ付いているこのポケットは その役目を
果たしながらも、本体内側とも繋がっているのです

『そのほうが楽だから』、と










そして 本体の開閉にもファスナーを取り付ける
のですが、そのきわに厚革を乗せることで 
ファスナーのうねりが少なくなります

また 開け閉めのときスライダーが本体に
持っていかれにくいので、
結果ファスナーの開閉がし易くなります










ファスナーを基準にして前面と後面を縫いあわせます







次は仕上げまでです


革のハンドメイド
CHOCK/チョック