2015年4月27日月曜日

福岡 港のカモメのグリル、ハンドメイドも出店終了しました





いつもは 家にこもって作業している事が多く
日を浴び過ぎで だいぶ体力を奪われておりますが
港で行われた”かもめのグリル”、無事終了しました







今回は いつもより多くの方が来られたのではないかと感じております







お越し頂きましたみなさま
また CHOCKの革製品を買ってくださったみなさま
本当にありがとうございました

おかげで とても楽しい時間を過ごすことができました
またお会いしたいです





革の道具をお使いいただく上で なにかありましたら、
いつでもご連絡お待ちしております











2015年4月23日木曜日

福岡 かもめのグリル 革のハンドメイドも出店しまする




革の道具を制作しているCHOCK(チョック)の石口です

お知らせ(宣伝)です





4/25土、26日と福岡市中央区の港という場所で行われる
【カモメのグリル】に 出店します

恒例のごとく、とてもお世話になっておる方に呼んでいただきました








”グリル”なので 食がメインですが、CHOCKは革製品しかないので
日々 使えるような革の道具たちを 数々持っていきます



お近くにお立ち寄りでしたら、散歩がてら
どうぞ見ていってください

そういえば、太郎塾のBMXショウもいいですよ





港 という住所だけあって、港の横に広場があって
隣には芝生もあり サボるくらい気持ちのいい場所です


サボって過ごす毎日を推奨、みんながそのくらいであればいいですね









2015年4月20日月曜日

革のハンドメイド お財布からポーチへとサイズ変更の物 後半








通常はキャメル×うぐいすの手縫いで
お作りしておりますが、ご希望の赤で
本体とマチを縫い合わせます







縫い合わせただけで なにもしていないコバに
染料を入れて







磨くと つややかになります

うまく取れていない写真では お伝えしきれておりませぬが、
磨いたばかりの少し湿ったコバの状態が何ともいえないのです







すべて仕上がったら最終確認をしているのですが
ご指定のサイズより少しだけ小さく できあがっておりました
!!?



裁断まちがい です、、

朝一で急いで作り直して発送しました








ポケットが片側にだけついております







いつもはファスナーの最後の部分は切りっぱなしです

切りっぱなしでもなにも問題はなくて
むしろ そこに革の厚みがあると邪魔になってしまう場合もあるのですが、
ポーチとして使うには そうじゃあないほうが良いと思い
勝手につけちゃいました







大きさはこのくらいです

最初に制作した方の 小さく仕上がってしまった
ポーチは自分で使ってみているのですが、お財布よりも
大きいこの革は持ちごたえ(?)が良く
手の全部で感じられる手触りが気持ちがいいです







私はポケットを最大限に使って 手ぶらで出かけるのですが
ポケットが無いときは これに入れてクラッチバッグとして
使っております





yさん お作りさせて頂き ありがとうございました










2015年4月15日水曜日

革のハンドメイド お財布からポーチへとサイズ変更の物 前半






お札もカードも小銭も 全部が入って、
ポケットからも飛び出さない小型財布





これをサイズ変更したいというお客さんがいました

サイズは ペンやハサミがなどの文具が入る大きさにして
ポーチとして使いたいそうです




縦横の大きさを指定してもらって
お作りしました







まずはいつも裁断から








重なる部分など、厚みが必要以上にある所を漉いたり
縫いの箇所をけがいたり






本体とマチを合わせるための穴開け






本来は両方についている中ポケットを
片側にだけ と言う事で本体の片側に縫いが入ります

なにも無い所をまっすぐ縫うため、
裁断の次くらいにケガキを入れてます







ファスナーを縫って、、




つづく























2015年4月14日火曜日

革のハンドメイド 母の日の贈り物に





アレンジメントやした花束
しゃれている鉢に入ったカーネーション
普段は買わないお高いケーキ

いままでたくさん贈ってみました、、






なんか 毎年、面白みにかけるなと
少しでも感じておられたら

意外性のある革の鍵カバー
お贈りになられてみてはどうでしょう






もし
花やスウィーツだけではなく
変化のあるものを” と
思って何か探していらっしゃいましたら
革の道具屋CHOCKも探してみてください





お箱はありませんが
無償でラッピングもしております










まだまだ未熟な考えかもしれませんが
たぶん、革製品を貰って
イヤな人っていないと思います













2015年4月10日金曜日

新作 革のハンドメイド ネイビー革のL字ファスナー長財布 制作工程 後半




使い易さアピールがすんだところで
途中工程のまま 続きにしてしまいましたね






これは一部、型紙を作りながらの作業です

なぜか使えるはずの型紙が使えなかったので、
新たにマチの型紙を作りますた







小銭入れ、
本体とマチ

本体と小銭のパーツを合わせます







この箇所は ハリのある革が何枚も重なっていて
厚みがあり、思ったようにしなやかに曲がらないので
ミシンが使えないのです

ミシンの方が得意なのですが、
ここは縫えないので手縫いでいきます





この縫いが終われば 縫い合わせた箇所に
染料を入れて磨いて完成です








一度使ってみると なかなかやめられない使い勝手です

よろしければどうぞ








端革も こうしてラッピングに使えるんです









2015年4月7日火曜日

新作 革のハンドメイド ネイビー革のL字ファスナー長財布 制作工程 前半






お客さんからご依頼いただいた特注の長財布


ファスナーがL字に開く物をご所望でした






手持ちの型紙を少し使って裁断をします






全パーツの裁断がすんだ状態

このまま、漉きと染料 磨きに入ります






こちらもお客さんのご希望だった、
L字ファスナーにした小銭入れとカード入れ増設




コの字ファスナーの長財布は8枚のカードが入りますが、
このお財布は さらに多くのカードが入るようになっています

小銭入れの両脇には
それぞれ2〜3枚くらい まとめて入る
カードポケットを増設したので
だいぶ収納できるようになりました







試作したものを自分で使っていたとき、
この小銭の脇に付いているカードポケットに
何枚かドサッと入れて使っていました


私自身が カードを一枚一枚入れて使うのを面倒がって
まとめてカードを入るタイプを好んで使っていたのもありますが


これ、すごく便利です


このお財布、自分で作っている中でも一番使い易くて好きです
なので皆さんにもお勧めです







つづく










2015年4月3日金曜日

革のハンドメイドはお休み 糸島シェアハウスの 日本の古いたてもの 




古い日本の建物の凄さに
いつも感動してしまいます



畳に座ったときに
庭が望めるようになっている高さのガラス戸






ガラスの上は 向こうがみえない障子紙です






小さく細やかな作りに
『なんでこんな事をしたのだろう』 と
思わず ため息が出てしまいます

きっとこれ
外国の人から見てもハイセンスです




日本の古い建物は ガウディのような
有名な建築物に匹敵する と思っております






木なのに 毎年ちゃあんと、あんなに
たくさんの花をつける桜にもため息です