2014年8月26日火曜日

iwakiイワキ 水だしコーヒーの淹れ方






コーヒー淹れる生活を教えていただいたご夫妻

本格的なカリタのダイヤミルで豆を挽く毎日



よろしければ豆記事どうぞ
http://chockleathershop.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html















この2〜3年で美味しいなと感じた
コーヒー豆をご夫婦に送った次の週
大きな荷物が届きました

















届いたのは 水だしコーヒー専用の器具
と 武蔵小山にあるお店のコーヒー豆でした





お贈り物をしたはずがまさかの倍以上返し
コーヒーにまつわる器具が このご夫婦によって揃っていきます

















挽いた豆を上の器具の中に入れて
ほんの少しのお湯で豆を起こします















そおっとお水を注いでいきます
















4時間かけて 1滴1滴じっくりと落としてゆきます















そうやって落としたコーヒーは
口に含むとまろ〜んとしていて 初めて出会った味でした







毎年 夏がきて
この水だしコーヒー器具を出す度に
ご夫婦の顔が浮かぶのだと思います



あ、
こやつスグレモノで
下のガラスポットは耐熱なので
普通にお湯でも落とせます










2014年8月16日土曜日

ハンドメイド 革の制作、、実はお休みでした まさかの入院生活






書こうかどうしようか迷ったのですが

ネタがないので 書いちゃいます








ちょうど学生たちが夏休みに入るころ
入院になりました
















きらきらの夏休みが始まると同時に まさかの入院


きっと小学生なら ずいぶんと落ち込んだでしょう
















入院した病院は
ちょうど隣が中学校でした





学校が夏休みに入っても部活で出てきている子たちが多く
午前中の子 午後の子 一日中の子
部によって様々みたいです








病院内の敷地にはベンチがなんこかあります

体育会系の部活は
やはり声出しが基本でしょうか


天気のいい日にベンチに座っていると
部活の様子が聞こえてきます














これは病室の入り口にあるお気に入りの場所です






意外にも 退屈せず
微笑ましくもあり懐かしい入院生活でした
















2014年8月8日金曜日

革のハンドメイド 続 定番の長財布をつくろう









そうそう

カード入れを本体に縫いつけるまでしましたね





カード入れとファスナーと小銭入れのマチをのせて

また縫います
















一番多いところの革は

革5枚とファスナー生地の場所です




5枚の革がみな同じ厚さだとかなり分厚くなってしまい、
そして仕上がりも もったりとして重くなります

使う事を考えても必要な厚みがあれば充分なので
適切な厚みに漉くという作業はやはり大切なのです
















マチに小銭入れをつけますと













じゃん


急にできました









それでは よろしければどうぞ













2014年8月5日火曜日

革のハンドメイド 定番の長財布をつくろう






男性も女性も違和感なく持てて

案外 使い易い革色

ネイビーでつくります















もうカットしちゃったところからですね

撮るの忘れておりました
















気持ち的にはすぐに縫いたいですが
無事に縫えるよう 仕込みをしなきゃです




革を重ねて縫う場所などを適切な厚みになるよう漉いたり(薄くする)
染料入れたり
磨いたり
両面張ったり
縫う目印に印や線を入れたり(けがく)
必要な長さのファスナーを作ったり
















やっとこさ縫いにいけます

カード入れを左右に分ける為の縫いです
















ミシンの縫いと共に手縫いもしちゃいます


仕込みが済んで 進められる箇所から
どんどん進めていきます














手縫い完了!









ちょっとお待ちを












2014年8月2日土曜日

KALITAカリタ ダイヤミル  革のハンドメイドとコーヒー豆のある生活






東京でとてもお世話になったご夫婦がおります


そのお二人は 私が思う
心が豊かな暮らしをしております







今となっては コーヒーは
なくてはならないものになっていますが
そのきっかけになったのは
西の方に引越しが決まったときです



そのご夫婦に コーヒーを豆から挽いて淹れる
そんな生活を教えてもらいました

















引越しの餞別で頂いたカリタのダイヤミル
本体はすべ鋳鉄


硬質鋳鉄製臼歯は
摩耗したり欠けたりすることがないので
使ってあげる限り たぶん半永久です


そして豆を挽くとき ハンドルを縦にまわすので
余分な力がいらないので楽です

こやつ凄いんです!!




何年も経ちますが
コーヒーを淹れるときの大切な相棒です











気がついたら 私の周りにはそんな風な
かっこいい大人がたくさんおります




だからなのか

歳をとる事が 楽しみにおもいます