2014年12月31日水曜日

CHOCK 革のハンドメイドに関わってくださいました皆様へ





いつもお世話になっております皆様

初めてお会いできました皆様

お求めいただきました皆様








お知り合いになれて嬉しく思っております

そして 心より感謝いたします





今年一年、本当にお世話になりました











来年も変わらぬおつきあいのほど
どうぞよろしくお願い申し上げます






















2014年12月24日水曜日

革のバインダー、クリップボードなるもの手作りで作っております







総革です




バインダー としか呼び方がわからなかったのですが
”クリップボード”という名がついておるそうですね
















A4用紙を挟むとこんな感じです
















チョコ革に白のステッチ
















革と同じ茶糸でも制作できます


サイズ等も変更できますので
ご相談ください













よろしければどうぞ 見ていってください
http://chockleather.thebase.in/items/409992
















2014年12月18日木曜日

革のハンドメイド ご依頼の熱さ防止グッズ 革でスリーブ作ってみました







”スリーブ”という物をご依頼いただいて
作ってみました














スリーブとは、
コーヒーや屋さんなどで 温かいものを注文したときに
紙コップの外側に付いてくる
熱さを防ぐ為に付いている 段ボールのようなあれです
















裁断













ミシン縫い







仕上げてみたものの
紙コップが無かったので
ガラスのコップにつけてみたました














なかなか良い見た目ですが
これって、家でも使うのかな??




ご依頼頂いた方は
鞄に入れて持ち運んでおりました

ありがとうございます





そのうちに、我がショップにも
登場する予定です

よろしくおねがいします













2014年12月11日木曜日

革のハンドメイド ネイビー色の革に黄色の糸で特注のお品を制作です







いつもと同じネイビー色の革のお財布














ご依頼主の方は、ラッキーカラーが青と黄色で
そんなお財布をずっと探されていたようです
















マチをくっつけて
形を整えて完成
















とても喜んでいただけました
















ラッキーカラーなる物がありましたら
ご相談ください







2014年11月26日水曜日

革のハンドメイド 裁断で余った端革を使ってラッピングしております 無料です





裁断で出る端革たち



小さいパーツも取れないくらい小さかったり
傷があったりする場所は、そのまま捨ててしまうのは
惜しいので使っちゃいます
















刻印を適当に入れたり
傷の入っている場所をこうやって使うと
なかなかよいです
















裏に両面を貼って
大きさの違うポンチで革を抜くと
ラッピングに使い易いです
















革の端っこなんかは カッターで切った物より
味があるので 取っておいたりします





それを適当な大きさや形に裁断して、
時間があるとき かつ 冴えてるときには
ちょこちょこ小細工します

























クリスマスが近くなると
贈り物としてお選びいただくことが多くなります

ラッピングは無料ですので遠慮なくおしゃってください




選んでいただいた方にもお贈りになられる方にも
喜んでいただければ嬉しいです



























2014年11月19日水曜日

革のハンドメイド 人気のコの字ファスナー長財布 ホック留めに変更の為、試作中






うちの よく売れている商品の長財布、
仕様変更ができるかというご連絡をいただきました
















中は一緒で かぶせ(ふた)にしてホック留め
















お客さんにご希望をいただくと、
できる限りお答えしたいものです
そして なんでうちにご連絡くれたのだろうと
考えつつ嬉しくなります


うちにない商品なら なおさらです

ご希望の物を一から作って
喜んで貰えればいいし、うちの商品も増えます!!








とりかかって2週間ほど経つのですが、
試作→使ってみる→直し→使ってみる
の 繰り返し
















直しの時
ミシンで穴が開いた部分が塞がらなくても
そのままです
















何度でも同じ革で、
ほんの少しの直しをして また使ってみます
















まだもう少しだけかかりそうです

少しでも早く『できましたよ!!』ご連絡をしたいところです







午後から最終試作を進めます



お客さん、もう少しお待ちくださいねー











2014年11月12日水曜日

革のハンドメイド 柔らかいチョコの革で2種類の名刺入れお作りしております






これは裁断がすんだ名刺入れ


これで2種類あります












いつも通りに、
革が重なってそこだけが厚くなる場所は
仕上がりと耐久性を考えて最適な厚みになるよう漉きます
















これまたいつも通りに染料を入れて磨きます

革が薄く柔らかい場合 磨いているときに寄れてしまうのを
防ぐため私は定規をおさえにして磨いております


”定規を取って革にあてがう”という一動作がちょっと手間ですが
これをするだけできちっと磨きも入り きれいに仕上がります

















ね、こんなふうに
















はい、磨いたらこれまたいつも通りに
縫う箇所に両面テープを貼ってミシンをかける準備です




















2種類の名刺入れのシンプルな方は
縫いが終わって完成間際

マチありはこれからマチを縫います
















、、、縫うのを撮るのは難しい

画像からは 背中とお腹がプルプルしていて
変な格好になっているのが
ばれないように撮ります



端からみたら 心配される光景です












ひとつひとつお作りしております
二部屋の名刺入れ




たぶん贈り物にちょうどいい物

スーツのポケットにもかさばらずに入る
コンパクト名刺入れはこちらです











革は 飽きのこないチョコ
目をひくのに 仕事で出しても嫌みがない革色です














2014年10月29日水曜日

革のハンドメイド A4サイズのトートバッグ サイズ指定できます






この間のかもめの市で
一番に買われていった鞄














割と大きめに作った鞄です

大きめといってもシンプルなこの形ですので
ちょうどA4が入るサイズです
















鞄の一角にタグを縫い付けております

鞄がチョコ色なので ワンポイントとして目立つように
黄金色の革を使いましたよ
















底面は手縫いなのですが
思っていたよりも大変で甘くみておりました
これから新たに作る場合、手縫いする場所を
考慮しなくては

でも底の面にある手縫いのステッチが一番しっくりくるんです。。








買われた方は軽くていいとおっしゃっていました
そうなんです大きいのに軽い

合皮でない本物の革って重たいイメージがありますものね



必要最低限の物しか付けず
軽く仕上げております










チョコ色の鞄はA4サイズですが
ご参考までにですがこちらのページの赤い鞄は
5500円で販売しておりました


もしご希望のサイズがあれば大きさを指定いただけます

お気軽にどうぞ〜

















2014年10月22日水曜日

革のハンドメイド 定番のコの字ファスナー長財布 使い易くなってご紹介












この長財布

自分がコンパクトな物が好きっていうこともあり
お札の出し入れのときの引っかかりのないサイズ
カード収納のサイズ、
そういう細かいあれやこれやをやって
本体の大きさが必要最低限の大きさになるよう
マチは付けずに出しておりました
















マチ無しの旧タイプを家人に使って貰っていたある日
『小銭入れにマチを』と、
そこから新たに試作を繰り返して
マチありタイプが仕上がりました
















格段に使い易くなって自分でもびっくりです




いつも 奥に挟まっている小銭を取り出すときの
ファスナーによる指先がギャッがなくなりました

マチがあるっだけで見やすいし取り出し易いし指先もギャッとならない


マチを付けた事によって
本体の厚みがほんの少し増したのですが
そんな事はおかまい無しです 必要最低限です






以上宣伝でした

みていってください


ファスナー長財布










2014年10月15日水曜日

大名 博多料亭 稚加榮(ちかえ)のランチ





中州にある唐揚げ屋さん

夜もいい時間



そこのお店の前(路上)で揚げたての唐揚げを
友と妹と4人で食べているとき
どこかで飲んでいたのであろう ほっぺたの赤いニコニコ顔の
おじさまが話しかけてきました

終始ご機嫌な様子は変わらず
良い空気はこっちにまで移ります




そのおじさまは佐賀から出張で来られているようでした




夜の街、中州で飲んでいるときに教えて貰った
お店に行き あまりにも感動されたようで
私たちにもそのお店を教えてくれました



ちょうど次の日のお昼ご飯の場所を
探していたときだったので いってきました






ばばんっ












入るとすぐに巨大な生け簀


おじさまが感動された
料亭ランチ

1400円!




2種類から選べて
刺身の和定食を選びました
















左上の青いお皿は
一日限定50食の魚の煮付け

ラッキーな事に50人に入ったようです




この金額でこの美味しさ

言うまでもなく
私も誰かに教えたくなるほど良かったです
















土曜日に行ったのですが
12時前でしたら並ばずに入れました

並んでいても中が広いお店なので
すぐに入れるかと思われます






次のお休みにでもぜひに
稚加榮
(ちかえ)












2014年10月8日水曜日

革のハンドメイド イロトリドリ カラフルを揃えたコインケースを制作




こちらは色々な色のコインケースです

裁断した革を漉いて 染料入れて
オイルのしっかり入った磨き布で磨いて
ファスナーを貼り










コインケースは物自体小さいので
手持ちの革が小さくても取れちゃう結果、
色のバリエーションが豊富なことに










茶糸で作れる物を なるべくまとめて作って
おりますので ひとつひとつ茶糸で縫い、手前の
ネイビーだけ白糸を使って マリンカラーに
仕上げております










ファスナーを縫ったら
次は そうです、糸処理をしましょう










基本的な事ですが この糸処理という作業は地味ですが
ちゃんと処理しないとほつれてきてしまいます

そうなったら 場所が悪いとバラして縫い直しです



この落胆ぶりは凄まじいので
なければないに こした事はないです










糸のほつれもなく糸処理が終わったら
ひっくり返しましょう










形を整えてできあがりです





CHOCKでは コインケース以外も作っております
こちらからお店に飛んでいただけます
お時間がございましたらぜひに





糸色変更は追加料金を
いただかなくともお作りしております

糸は 白、茶、黒、紺がございます
ご希望があれば遠慮なくおっしゃってください








2014年10月2日木曜日

革のハンドメイド お財布 カードケース コインケース、、探し物はなんですか??





小銭入れ
意外に探していらっしゃる方が多いのですね

売れております




商品ページでは【コインケース】と名付けていますが
自分では小銭入れと呼ぶのがしっくりとします

横文字が苦手なのですが、商品名にしたらば
カタカナがかっこ良く感じたのでそうしました





-----------------------------------





物を買うとき、
私は こう なかなかしっくりとくる形がないと
買うに至らない事があります

たぶんみんなそうなんじゃないかと思います












身の回りにある物、
革の小物たちもそうですし
身につける物も
持つ物も

すべて自分が使う道具だと思っております
”道具に使われる”のは 嫌なのでしょう




物を買うとき
”何においても便利で邪魔じゃない”というのが
無意識にあるようですが
そういうのも関係なく
見た目に惹かれて買う事もあります





この間 糸島のイベントに出店していたお店屋さんで、
惹かれたという理由の計画性ゼロで買ったコインケース











見た目にそそられたのですが、
何日か使ってみて 大変に使いにくいです

だぶん 革を最終の形まで仕上げて
クセ付けする為に全体を濡らしていたのですが
革を濡らすと油分が抜けるので
びっくりするくらい硬くなるんです





























見た目に惹かれてしまったのですねえ。。

いずれ馴染んで柔らかくなるとなんなく使えるようになるので
それまでは道具に使われるフリをして
使ってみようかと思っております




これがあれですね
革を買ったときは未完成の状態
使う事によって完成してゆく、です




また思い出したかのように 経年変化をお伝えしてゆきます